FIVE FLAVORS : SIX FRUITS


伊藤勇気、ドラマー。POMERANIANS脱退後、バンドHYPE SESSIONS開始。下北沢TROCADERO HOUSEのライブプロデュースやドラム教室講師、ドラム・パーカッション等によるアーティストサポートなどを手がけている。
by youchang_pome
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
YUKI NET WORK
勇気にメール
当ブログの意見等はこちら


MY BAND

2008年より"HYPE SESSIONS"開始。
次回ライブ:6/20(FRI)@六本木SUPER DELUX

HYPE SESSIONSメンバーのブログ
the bond
パーカッショニスト・ボンちゃんのブログ

Kenji "zelly" Nagata「残響魂」
ギタリストゼリーさんのブログ

Hiromi"MIX"Takeuchi Official Site
歌・鍵盤のひろみちゃんのブログ

MY WORKS

TROCADERO HOUSE
下北沢のビストロ・フレンチレストラン"トロカデロ・ハウス"。僕はライブ周りのプロデュースを行っています。素敵なアーティストが集まるライブイベントは必見です!自慢のお食事・飲み物も是非☆

TROCADERO HOUSEのブログ
実はこっそり僕が管理しています。トロカデロの最新イベント情報などが参照できます。

Yonny
2007年夏、逗子の海の家で偶然出会いがしら、彼女のライブにカホンで飛び入り参加した。その場で意気投合し運命的な出会いから、パーカッションによるサポートを開始。

rica tomorl
リカ・トゥモール。Yonnyとのツイン・ヴォーカル・グループ、東京エスムジカのヴォーカリストとして、2004年5月にメジャー・デビュー。2007年1月よりソロ活動をスタート。沖縄と東京を拠点に精力的にライブを行っている。天性のファットな声質に恵まれたナチュラル・ボーン・ヴォーカリスト(HPより引用させていただきました)
僕はドラム・パーカッショニストとしてライブ・レコーディングに参加しています。


BASS SYNDICATE
月1ペースでトロカデロハウスにて瀬川信二くんのライブを行っています。編成は瀬川信二(koyabu board, vo)、子安文(fiddle)、伊藤勇気(ds)で、カントリーや珠玉のカバーをお届けしてまーす!うまいワインの肴にどうぞ。

肯定アンサンブルズ

TUFF SESSIONのドラマーYaggy(ここではvo)率いる、アコースティックレゲエバンド。gtにSaw(the brother woods)、baにFunk(TUFF SESSION)、djembeにJun、cajonは僕が担当。
レゲエスタイルの有機的なセッションに乗せて、思うがままにリリックを放つ。それが肯定アンサンブルズスタイル。幼女は笑い、老婆は踊り、男達は爆笑する(実話)ライブを続行中。

nitt
2008年5月よりサポート開始!ポメラニアンズ時代に体得したドラミングが一番生きる場所かもしれません。次回ライブはは7/13(SUN)@TROCADERO HOUSE

POMERANIANS
バンド「ポメラニアンズ」にてメンバーとして2007年まで4年間活動を共にする。その間、通算シングル4枚、アルバム3枚をリリース。またFUJI ROCK'04, RISING SUN ROCK FESTIVAL'05, SUMMERSONIC'06など日本の大型フェス出演や、日本のミュージックシーンで現在活躍している風味堂・チャットモンチーなど、たくさんのアーティストと一緒にツアーを回るなど、活動は多岐に渡った。2007年10月に脱退。現在もバンドは活動中。

斎藤真実
人気TV番組"あいのり"に「おまみ」として出演する前から音楽活動を続けていた彼女。
ずいぶん昔からの付き合いで、2006年よりサポート開始。
アーティスト仲間でもあり、深い親友でもある。

ドラム教室
下北沢にてドラムの個人レッスンを開催中!要望があれば、別日程・別の場所も組めます。詳しくはメール(mailtoyuki@aol.com)
をください。



OPEN MIC!
毎週月曜日は"OPEN MIC"という名のジャムセッション大会をトロカデロでやってます。そのイベントブログがこちら。一緒にセッションしませんか?

MY SITE



2004/10~2006/03の期間やっていたマイブログ


2006/03~2007/02の期間やっていたマイブログ


MY FAVORITE

mixiやってます。
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1291170

「空気を読む」とは?

我々日本人はこの言葉が好きなようで、

KYという言葉が流行語大賞に選ばれたりと

日本の文化を象徴している言葉だと思うのですが

今の日本に必要なのは「空気を読む」ことではない気がしてなりません。



僕は帰国子女のせいか

発想もあまり日本人ぽくないようだし

話は最後まで聞くほうだけど、合わせないし

オヤジギャグ大好きだし

どちらかというとKYな人間なんじゃないかなー

なんて変に自覚しているんですが、

KYだと言われたことは記憶をたどる限り、恐らく皆無…(それとも気づいてないだけ?)

そうか、僕は「空気を作ってる」から空気をそんなに読まなくても許されてるんだ!

なんて納得したことがあります。



日本は「空気を作らない」人が多いですね。

そんな人は空気を読みすぎて、他人と一体化しているかも知れないから

気をつけたほうがいいかも知れません。



例えば、誰も拾わないオヤジギャグでも

拾われないのが面白かったりする場合があります。

そういう場面が好きかどうかという個人的な趣向はさておき

他人を知ることで、自分が何者なのか知ることがたくさんあります。

空気を読みすぎて他人と一体化してしまうのがクセになると

自分が何者なのか、分からなくなってしまうのではないでしょうか。


いま日本に必要なのは「空気を作る」人だと思います。

言い換えると「発信」する側の人間です。

自己責任を持って発信する人の数が増えれば、

もっともっと面白い社会になっていくと思います。

これは日本人である僕にとっても、高めていかなければならない課題だなと

個人的に捉えている次第です。


アーティストやミュージシャンでさえ、

その辺を躊躇する方が意外(!)にもいらっしゃいます。

音楽やアートは発信してなんぼなのでは?!

僕は「空気を作る」ことに熱心なミュージシャン・アーティストを支持します。

そういう現場に立ち会い、いい音楽といい空気を一緒に創れてこそ、

僕は音楽好きとしての幸せをありがたく享受できます。

ドラマーとしても、イベント制作をしている人間としても、

どれだけアーティストのメッセージを共に増幅できるか、というところで勝負しています。


このことに共感してくれる仲間達と一緒に

日本の音楽の底上げを図りたいと思います。
[PR]
by youchang_pome | 2008-07-03 03:28 | Column
<< 今日は9ヶ月記念☆ 正夢 >>


検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧