FIVE FLAVORS : SIX FRUITS


伊藤勇気、ドラマー。POMERANIANS脱退後、バンドHYPE SESSIONS開始。下北沢TROCADERO HOUSEのライブプロデュースやドラム教室講師、ドラム・パーカッション等によるアーティストサポートなどを手がけている。
by youchang_pome
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
YUKI NET WORK
勇気にメール
当ブログの意見等はこちら


MY BAND

2008年より"HYPE SESSIONS"開始。
次回ライブ:6/20(FRI)@六本木SUPER DELUX

HYPE SESSIONSメンバーのブログ
the bond
パーカッショニスト・ボンちゃんのブログ

Kenji "zelly" Nagata「残響魂」
ギタリストゼリーさんのブログ

Hiromi"MIX"Takeuchi Official Site
歌・鍵盤のひろみちゃんのブログ

MY WORKS

TROCADERO HOUSE
下北沢のビストロ・フレンチレストラン"トロカデロ・ハウス"。僕はライブ周りのプロデュースを行っています。素敵なアーティストが集まるライブイベントは必見です!自慢のお食事・飲み物も是非☆

TROCADERO HOUSEのブログ
実はこっそり僕が管理しています。トロカデロの最新イベント情報などが参照できます。

Yonny
2007年夏、逗子の海の家で偶然出会いがしら、彼女のライブにカホンで飛び入り参加した。その場で意気投合し運命的な出会いから、パーカッションによるサポートを開始。

rica tomorl
リカ・トゥモール。Yonnyとのツイン・ヴォーカル・グループ、東京エスムジカのヴォーカリストとして、2004年5月にメジャー・デビュー。2007年1月よりソロ活動をスタート。沖縄と東京を拠点に精力的にライブを行っている。天性のファットな声質に恵まれたナチュラル・ボーン・ヴォーカリスト(HPより引用させていただきました)
僕はドラム・パーカッショニストとしてライブ・レコーディングに参加しています。


BASS SYNDICATE
月1ペースでトロカデロハウスにて瀬川信二くんのライブを行っています。編成は瀬川信二(koyabu board, vo)、子安文(fiddle)、伊藤勇気(ds)で、カントリーや珠玉のカバーをお届けしてまーす!うまいワインの肴にどうぞ。

肯定アンサンブルズ

TUFF SESSIONのドラマーYaggy(ここではvo)率いる、アコースティックレゲエバンド。gtにSaw(the brother woods)、baにFunk(TUFF SESSION)、djembeにJun、cajonは僕が担当。
レゲエスタイルの有機的なセッションに乗せて、思うがままにリリックを放つ。それが肯定アンサンブルズスタイル。幼女は笑い、老婆は踊り、男達は爆笑する(実話)ライブを続行中。

nitt
2008年5月よりサポート開始!ポメラニアンズ時代に体得したドラミングが一番生きる場所かもしれません。次回ライブはは7/13(SUN)@TROCADERO HOUSE

POMERANIANS
バンド「ポメラニアンズ」にてメンバーとして2007年まで4年間活動を共にする。その間、通算シングル4枚、アルバム3枚をリリース。またFUJI ROCK'04, RISING SUN ROCK FESTIVAL'05, SUMMERSONIC'06など日本の大型フェス出演や、日本のミュージックシーンで現在活躍している風味堂・チャットモンチーなど、たくさんのアーティストと一緒にツアーを回るなど、活動は多岐に渡った。2007年10月に脱退。現在もバンドは活動中。

斎藤真実
人気TV番組"あいのり"に「おまみ」として出演する前から音楽活動を続けていた彼女。
ずいぶん昔からの付き合いで、2006年よりサポート開始。
アーティスト仲間でもあり、深い親友でもある。

ドラム教室
下北沢にてドラムの個人レッスンを開催中!要望があれば、別日程・別の場所も組めます。詳しくはメール(mailtoyuki@aol.com)
をください。



OPEN MIC!
毎週月曜日は"OPEN MIC"という名のジャムセッション大会をトロカデロでやってます。そのイベントブログがこちら。一緒にセッションしませんか?

MY SITE



2004/10~2006/03の期間やっていたマイブログ


2006/03~2007/02の期間やっていたマイブログ


MY FAVORITE

mixiやってます。
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1291170

カテゴリ:Column( 8 )

「選ぶ」ということ

僕は昔っから片づけが下手で。

人よりだいぶ苦労しないと片付かない(気がする)。

思いついたことはどんどんやるからその分どんどん散らかっていくんだけど

片付けを知らないと後で苦労するんですね。

片付けの上手な人は「捨て上手」なんです。


時間も場所も限りある人生。

「なにか」を拾ったら「なにか」を捨てなくちゃならない。

同じく精神面でも「なにか」を選んだら、やっぱり「なにか」を捨てなくちゃならない。

「選ぶ」ということは同時になにかを「捨てる」ことだと思います。

捨て上手になるぞ~!!


今年の下半期は「選べる」=「捨てられる」な男を目指したいと思います。


・・・っていうのを音楽や生活のことで考えていたら、また朝になっちゃった
[PR]
by youchang_pome | 2009-06-16 08:28 | Column

一番大切なもの

一番大切にすべきは・・


家族なのか

仲間なのか

生活なのか

音楽なのか

恋人なのか

経験なのか

過去なのか

未来なのか



??????



ここのところ、なにかバランスがしっくり来なかったワケはこれだ!

結局すべて違いました。


本当に大切にすべきは、

それらを大切だと感じる自分の心なんだと。


こんなシンプルなことに気がついて明文化するまでに、

26年もかかってしまったのかー!
[PR]
by youchang_pome | 2009-02-27 08:40 | Column

僕は善人ではない

そして、偽善者でもない。



・・・でも、善意はある。



今年のテーマのひとつに、そんな気持ちがあった。

(ちなみにこれは音楽における話しである)


なんていうか、例えば、

学校の教室で友達が机から鉛筆を落としたら、拾ってあげるでしょ?


そんなことぐらい、ある程度 満たされている人だったら、

誰でもいつでもやってあげられるし、やるよね。


そのぐらいのことをやり続けた1年だったように思う。


良かれと思ってしたことが裏目にでたとしとも、

鉛筆拾ってあげるぐらいのことで怒る人はいない。


本当の善ってそういうものなんじゃないかと、最近つくづく思う。


素敵なミュージシャンがゴマンといる中で、

素晴らしいアーティスト達と共に音楽や空気を創ることができた。

そんな1年でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕の音楽における『鉛筆の拾い方」はこうだ。

ステージの一番バックに座しているドラマーというポジションは、

メンバーとお客さん全てを見渡せる環境で

その空間を一度に読み取れる場所にいる。

空気を読んだり、あえて読まなかったりして、空気を創ること。

それが本当にドラマーに必要なことの1つ、なんじゃないかな。

リズムは空気のポンプとなって、

目の前にいるアーティストの空気を何倍にも増幅させて、お客さんに押しだす。


押しだされた空気はお客さんのリアクションによってまた増幅され、

また戻ってくる。


その繰り返しが続いているうちに、どんどん空気が大きくなって

何ものとも比べようのない素敵なライブが出来上がる。

トロカデロでライブのスタッフとして運営しているときも全く同じだ。

・・・結局、今一緒に演っている音楽仲間達は、

僕にそれを求めて付き合ってくれているようにさえ思うときがある。


今年出せた答えの1つはそこまで。

他にも言い出したら本当キリがないんだけど、

お風呂あがりに加えていい気分なので

久々にブログを更新してみようと思った。

ミュージシャンなのに、こういう発信できる場で毎日更新しないなんてバカみたいなんだけど、

気が乗らないと、思いを込めた記事って書けない。


話が逸れたけど

来年はどんな1年になるかなー。


目標はいろいろとあるけれど、

姿勢だけはシンプルに一貫して音楽活動を続けていけそうだ。

継続は力なり。

来年も楽しむぞー!!



あっ!!!今年もまだ2日ほど、イベントが残ってます。

1つは明日。nittのライブが代官山『晴れたら空に豆巻いて』であります。

僕が叩くライブとしては、これが今年最後になりそうです。

見納めに、遊びに来てくださーい!


そしてそしてそして!!

あさって土曜日は、トロカデロハウスで忘年会やります!!

参加は自由!セッション可!!

参加料もこの日は感謝を込めてありません。

飲み物も一律500円で飲めます☆☆

夕方の5時から朝までを予定してます。

トロカデロ出演ミュージシャン、お客さんから、

僕やトロカデロに興味を持っていただいている方まで、

この機会に是非お越し下さい!

僕が今やっていることを少しでもお見せできる1日になればと思っています。

是非どなたも遊びに来てください、一緒にお祝いしましょーう☆☆☆


d0103678_2535163.jpg

[PR]
by youchang_pome | 2008-12-26 02:35 | Column

北京オリンピック

d0103678_20562254.gif


誰でも知っている、オリンピックという世界最大の祭典。

僕が生きている間に、6回行われているオリンピックですが

今年は気持ちとして盛り上がれないなー。

選手には頑張ってほしいし、無事に終わってほしいとは思うけれど

様々な問題を抱えた中国が、問題を抱えたままオリンピックを開催したことに対して、どうも疑問が残る。

世界最大の祭典がオリンピックでいいのかな、と思わざるを得ません。

今までオリンピックは平和な行事だと思っていたけれど、見方が変わってしまった。

日本の政治にあまり関心がない僕が思うなんて、よほどのことだと思うのですが。


チベット問題とか、僕は他人事ではないと思うんですよ。

今日本は国力のあるアメリカとの友好関係で守られているけれど

アメリカの国力が弱まって駐留軍が撤退するようなことがあれば

日本の防衛力なんてたかが知れているし・・・

チベットと同じように「日本は中国のものだ」なんて言われたらおしまいですよ。

そのぐらい身近な事態だと思います。


僕らの世代は、生まれたときから何不自由なく生きてこれた世代。

僕らの関心は「生きること」よりも「生活」に対して集中してしまいがちで

「明日になったら世の中の状況が大きく変わっている」なんて、なかなか想像できない。

注目するニュースの見方、政治に対する関心の低さひとつ取ってみても、そうだ。

生活に関することには敏感でも

知らないうちに「これからどうやって生きていこう」といった根本的な視点が欠落しているような気がする。

平和な生活を続けるために、僕ら1人1人に何が出来るのか

できるだけニュートラルな視点で見ていかなきゃいけないなと

北京オリンピックを見て思った今日この頃。




オリンピズム「スポーツを通して心身を向上させ、さらには文化・国籍など様々な差異を超え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって理解し合うことで、平和でよりよい世界の実現に貢献する」という理念があるなら、

日本のメディアも日本の選手だけを大きく取り沙汰し、日本の選手が活躍できるスポーツだけを広告するのは間違えているし、それを何も考えず享受する僕らにも責任があると思う。
[PR]
by youchang_pome | 2008-08-17 21:08 | Column

「空気を読む」とは?

我々日本人はこの言葉が好きなようで、

KYという言葉が流行語大賞に選ばれたりと

日本の文化を象徴している言葉だと思うのですが

今の日本に必要なのは「空気を読む」ことではない気がしてなりません。



僕は帰国子女のせいか

発想もあまり日本人ぽくないようだし

話は最後まで聞くほうだけど、合わせないし

オヤジギャグ大好きだし

どちらかというとKYな人間なんじゃないかなー

なんて変に自覚しているんですが、

KYだと言われたことは記憶をたどる限り、恐らく皆無…(それとも気づいてないだけ?)

そうか、僕は「空気を作ってる」から空気をそんなに読まなくても許されてるんだ!

なんて納得したことがあります。



日本は「空気を作らない」人が多いですね。

そんな人は空気を読みすぎて、他人と一体化しているかも知れないから

気をつけたほうがいいかも知れません。



例えば、誰も拾わないオヤジギャグでも

拾われないのが面白かったりする場合があります。

そういう場面が好きかどうかという個人的な趣向はさておき

他人を知ることで、自分が何者なのか知ることがたくさんあります。

空気を読みすぎて他人と一体化してしまうのがクセになると

自分が何者なのか、分からなくなってしまうのではないでしょうか。


いま日本に必要なのは「空気を作る」人だと思います。

言い換えると「発信」する側の人間です。

自己責任を持って発信する人の数が増えれば、

もっともっと面白い社会になっていくと思います。

これは日本人である僕にとっても、高めていかなければならない課題だなと

個人的に捉えている次第です。


アーティストやミュージシャンでさえ、

その辺を躊躇する方が意外(!)にもいらっしゃいます。

音楽やアートは発信してなんぼなのでは?!

僕は「空気を作る」ことに熱心なミュージシャン・アーティストを支持します。

そういう現場に立ち会い、いい音楽といい空気を一緒に創れてこそ、

僕は音楽好きとしての幸せをありがたく享受できます。

ドラマーとしても、イベント制作をしている人間としても、

どれだけアーティストのメッセージを共に増幅できるか、というところで勝負しています。


このことに共感してくれる仲間達と一緒に

日本の音楽の底上げを図りたいと思います。
[PR]
by youchang_pome | 2008-07-03 03:28 | Column

あなたはどっち?

器用な人には陥るワナがあり、

    不器用な人には越えられない壁がある


これ、今日聞いた中で一番の名言。
[PR]
by youchang_pome | 2007-08-08 03:19 | Column

音楽をやってきて気づいたこと

いま「音楽」とはなにかと聞かれたら

僕は「空気」だと答える。


そう考えるようになってから、

音楽の解釈ってのがずいぶんとシンプルになった。

//////////////////////////////////////////////////


一緒に音楽をやるたくさんの仲間たちにも

タイプがあり、クセがあり、

人と人の話し方のクセがまるで違うように

その人のキャラクターを内包している


僕も自分の気に入らないクセを

時に気づき、時に指摘され、

音楽で見つけて直したことは幾度もある。

たまたま音楽を続けてきたことで、人生を教わった。

////////////////////////////////////////////////////

大学を卒業してからますます音楽漬けになった。

せっかく就職も蹴ったし、どこか振り切ろうと思ったんだよね。

////////////////////////////////////////////////////


「いいもの」って、「いい雰囲気」とか「いい気分」にさせてくれるもの。

それをまとめて、僕は「いい空気」と呼んでいる。


こんなことを真剣に考えるようになったのは、

「合わせる」ことよりも、「合ってしまう」気持ちよさを実感してしまったからだと思う。

合わないより合わせるほうがいいし、合わせるより自然と合っちゃう方が気持ちいいんだよな。

その時々のバランスなんかもあるから、それだけじゃないんだけど

「自然に合っちゃう」場面に出くわす度に、

いい空気感がそこにあることに気づいたんだよね。

//////////////////////////////////////////////////////////

合わせることに固執しているコミュニケーションは

音楽に限らず無駄が多い場面が多々ある。

そんなんばかりじゃ疲れちゃうしね。


楽を求めた結果なのか

真剣に考えた結果なのか

マイペースでいたことが功を奏したのか・・・!?


「音楽は空気だと思う」。


そこに僕の

「楽しければいい」とか

「1つになりたい」とか

一見したら、とてもいい加減な発言に聞こえる言葉に

明確にたどり着いた経緯がある。



つまりオカタイことはおいといて、

楽しみましょうってことだな☆☆☆

こんなことでまとめちゃうからいい加減に思われるのかなー!?
[PR]
by youchang_pome | 2007-07-01 06:35 | Column

勘違い

俺は人生満足しちゃったんだなーと思ったことがあって、

その旨を1年前ブログに書いたんですが

自分の考えとは裏腹にいろんな人に心配かけちゃって。


あれから1年たった今、ようやく気づいたんです。


ああ、あれは満足じゃなくて納得だったんだなと。


納得って悪くないです。いいと言い切るほどのものでもないですが。

納得したものに対しては力を発揮できるし、

理にかなっているからそれが揺らぐこともないし、偏ってもいない。

たった一食の美味しい料理より

質素でも毎日採る三食の食事のような、

決して目立つことはないけれど体を作る素のようなものが

精神でいうところの納得なんじゃないかな。

満足したらそこで終わりだものね。


最近音楽や仕事、私生活のなかで気がついたことです。
[PR]
by youchang_pome | 2007-03-25 16:56 | Column


検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧