FIVE FLAVORS : SIX FRUITS


伊藤勇気、ドラマー。POMERANIANS脱退後、バンドHYPE SESSIONS開始。下北沢TROCADERO HOUSEのライブプロデュースやドラム教室講師、ドラム・パーカッション等によるアーティストサポートなどを手がけている。
by youchang_pome
カテゴリ
以前の記事
YUKI NET WORK
勇気にメール
当ブログの意見等はこちら


MY BAND

2008年より"HYPE SESSIONS"開始。
次回ライブ:6/20(FRI)@六本木SUPER DELUX

HYPE SESSIONSメンバーのブログ
the bond
パーカッショニスト・ボンちゃんのブログ

Kenji "zelly" Nagata「残響魂」
ギタリストゼリーさんのブログ

Hiromi"MIX"Takeuchi Official Site
歌・鍵盤のひろみちゃんのブログ

MY WORKS

TROCADERO HOUSE
下北沢のビストロ・フレンチレストラン"トロカデロ・ハウス"。僕はライブ周りのプロデュースを行っています。素敵なアーティストが集まるライブイベントは必見です!自慢のお食事・飲み物も是非☆

TROCADERO HOUSEのブログ
実はこっそり僕が管理しています。トロカデロの最新イベント情報などが参照できます。

Yonny
2007年夏、逗子の海の家で偶然出会いがしら、彼女のライブにカホンで飛び入り参加した。その場で意気投合し運命的な出会いから、パーカッションによるサポートを開始。

rica tomorl
リカ・トゥモール。Yonnyとのツイン・ヴォーカル・グループ、東京エスムジカのヴォーカリストとして、2004年5月にメジャー・デビュー。2007年1月よりソロ活動をスタート。沖縄と東京を拠点に精力的にライブを行っている。天性のファットな声質に恵まれたナチュラル・ボーン・ヴォーカリスト(HPより引用させていただきました)
僕はドラム・パーカッショニストとしてライブ・レコーディングに参加しています。


BASS SYNDICATE
月1ペースでトロカデロハウスにて瀬川信二くんのライブを行っています。編成は瀬川信二(koyabu board, vo)、子安文(fiddle)、伊藤勇気(ds)で、カントリーや珠玉のカバーをお届けしてまーす!うまいワインの肴にどうぞ。

肯定アンサンブルズ

TUFF SESSIONのドラマーYaggy(ここではvo)率いる、アコースティックレゲエバンド。gtにSaw(the brother woods)、baにFunk(TUFF SESSION)、djembeにJun、cajonは僕が担当。
レゲエスタイルの有機的なセッションに乗せて、思うがままにリリックを放つ。それが肯定アンサンブルズスタイル。幼女は笑い、老婆は踊り、男達は爆笑する(実話)ライブを続行中。

nitt
2008年5月よりサポート開始!ポメラニアンズ時代に体得したドラミングが一番生きる場所かもしれません。次回ライブはは7/13(SUN)@TROCADERO HOUSE

POMERANIANS
バンド「ポメラニアンズ」にてメンバーとして2007年まで4年間活動を共にする。その間、通算シングル4枚、アルバム3枚をリリース。またFUJI ROCK'04, RISING SUN ROCK FESTIVAL'05, SUMMERSONIC'06など日本の大型フェス出演や、日本のミュージックシーンで現在活躍している風味堂・チャットモンチーなど、たくさんのアーティストと一緒にツアーを回るなど、活動は多岐に渡った。2007年10月に脱退。現在もバンドは活動中。

斎藤真実
人気TV番組"あいのり"に「おまみ」として出演する前から音楽活動を続けていた彼女。
ずいぶん昔からの付き合いで、2006年よりサポート開始。
アーティスト仲間でもあり、深い親友でもある。

ドラム教室
下北沢にてドラムの個人レッスンを開催中!要望があれば、別日程・別の場所も組めます。詳しくはメール(mailtoyuki@aol.com)
をください。



OPEN MIC!
毎週月曜日は"OPEN MIC"という名のジャムセッション大会をトロカデロでやってます。そのイベントブログがこちら。一緒にセッションしませんか?

MY SITE



2004/10~2006/03の期間やっていたマイブログ


2006/03~2007/02の期間やっていたマイブログ


MY FAVORITE

mixiやってます。
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1291170

<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

言っておかなきゃいけないこと

時間がない・・・


今年について振り返ろうと思っていたのに、ゆっくり振り返るのは年始になってしまいそうです。


ひとつ言っておかなきゃならないこと


一緒に時間を過ごしてくれた人

一緒に気持ちを共有してくれた人

一緒に音を聴いてくれた人

一緒に音をつむいでくれた人


本当に生きてて良かったって1年を振り返って思います。

それって我ながらスゴイことだよね。


来年がもっと楽しみ。

皆様ありがとうございました、お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いします。



伊藤勇気
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-31 21:36 | Mobile(携帯からの更

トロカデロ年末感謝祭07 レポート

トロカデロHPより転載しました。

・12月26日(水) 


d0103678_2044968.jpg

小林徹也
イベントのトップランナーを飾ってくれたのは小林徹也氏。トロカデロでのライブは普段アコースティックギターで参加する彼ですが、今回は珍しくパキパキなエレキギターでの参加。ドラムス伊藤勇気(トロカデロハウス)とのアグレッシブな即興デュオ演奏も盛り上がりました!
心地よい弾き語りとリズムに、フロアも揺れていました。


d0103678_20452978.jpg
 チャン(佐々木彩子) 
チャンさん久しぶりのトロカデロご出演でした。以前はギターのタミオ氏とドラムス中島肇氏とのトリオでのご出演でしたが、今回はピアノ弾き語りのソロで参加していただきました。
なんという表現力。先ほどとは打って変わり、内から込み上げてくるエネルギー。
「…あれ、トロカデロのエレピってこんなにダイナミクスでるんだっけ?」とオープンマイクの鍵盤しの氏が舌を巻くほどの、ピアノの確かな技術と感性。
曲の中にまるで俳優が何人も出演しているかのような、とても1人で演じているとは思えない歌のキャラクター。



d0103678_2046171.jpg

くりわたはし 
くりわたはしは、3人組のカントリーバンド。リーダーのくり氏は普段TUFF SESSIONという有名なレゲエバンドのギタリストを努めています。レゲエとは打って変わり、とてもほんわかゆるゆるとした平和な空気が流れていたくりわたはし。UFOの歌や、女子高生の歌、牛乳の歌、等身大の目線で綴った唄にくすっと笑ってしまうような、そんな素敵なバンド。
こちらで少し音源が視聴できるようです。kuriwatahashi:MySpace.com




d0103678_20461847.jpg
年末感謝祭1日目のトリを飾ってくれたのは、rica tomorl。
東京エスムジカのボーカルを努めていたricaさんのソロプロジェクト。
沖縄の石垣島出身のricaさん。
rica tomorl(リカ・トゥモール)とは沖縄の言葉で「海へ行こう」という意味なんだそうです。
本当に海の音、潮の風が聞こえてくると言って過言でないほどの素敵な歌を披露してくれました。ギター・ゼリーさんとカホン・伊藤勇気との3人でのコンビネーションもバッチリ!
トロカデロの3Fプロデュースを担当している伊藤勇気がサポートを努めるといったひょんな関係から、音楽の輪がこちらでも広がっています。



・12月27日(木)


d0103678_20463240.jpg

小林少年
月球のドラマー神谷潤平氏がサポートしている、小林少年。今回は彼の計らいで小林少年を呼ぶことができました。潤平氏の関わっている音楽は本当に間違いないと毎度思わせてくれるのですが、今回も然り。小林少年、暖かくて優しい声に呼応して楽器隊がそれを包み込むような、バンドでした。ギターのサポートメンバーが急遽ピアノとバイオリンに楽器を持ち込んだりと即興性溢れるライブとなりました。



d0103678_20465965.jpg
 
河内康宏
トロカデロハウスにて定期イベント「屋根裏音楽会」も主催している河内康宏氏。毎度素晴らしい音楽を披露してくれる彼ですが、今回はまた格別でした。まるで彼が座っている椅子から根っこが生えて、彼自身がトロカデロハウスになっているような、そんな空気感に到達したのは、一種、今年の私たちの目標が達成された瞬間でもありました。スピーカーから出ていた音は、彼の音そのもので、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。素晴らしいミュージシャンの音楽を「そのまま」伝えるということ。私たちのやりたいことを一緒に体現してくれる素晴らしい彼と、この場でこの空気を一緒に共有したお客さんと私たちはアーティストだと思った、そんな瞬間でした。



d0103678_20471543.jpg

OJI(from BARBI)
バンドBARBIのボーカルOJI氏。
この日は弾き語りで参加してくれました。

ギターのことはよく分からないというOJI氏。
今自分が押さえていたコードがセブンスだということに「あのセブンスいいね」と言われて気が付く天然なOJI氏。
そのぐらいにニュートラルに音楽をとらえている素敵なミュージシャンだからこそ、河内康宏さんの完璧なライブアクトの後に、ネクストバッターとしてOJI氏にお願いしたのは大正解だった。

素晴らしい演奏を聴いた後にミュージシャンにありがちなのが、欲の出た演奏になってしまうことだ。
「もっといい演奏を!」という心構えは大切かもしれないが、ライブでそういった欲が出すぎてしまうと空回りをして失敗してしまうものだ。
ニュートラルなOJI氏にはそんなこと関係ない。
むしろ、空気を紡いでくれた小林少年・河内康宏氏に続き、引き継いでいい空気を出していくかを大事にしているライブに見えた。
それのせいだろうか、本当に心に響く素晴らしい弾き語りだった。
最後の2曲、「こんな夜は」と「No Woman No Cry」に伊藤勇気がパーカッションで参加。

今年一杯で彼のバンドBARBIの活動休止が決まっているドタバタした中、素晴らしいライブを魅せてくれました。

今夜31日夜中3時ごろに渋谷LUSHで最後のライブがあるので、是非見届けられる方は見届けてください。


d0103678_20473250.jpg

ジャスコブラザーズ
2日目のトリはポメラニアンズのボーカル・ザッキーと、ポメラニアンズを脱退したドラマー伊藤勇気との久々再会ライブ。

伊藤勇気バンド在籍当時から、ジャスコブラザーズ名義でデュオのライブを行っていた二人。
ポメラニアンズの楽曲を、ザッキー氏のギターヴォーカル、伊藤勇気のカホン&コーラスでアコースティックに聞かせる。今回は、他のアーティストのカヴァーも織り交ぜてのステージでした。
「流れる星のように」に始まり、数曲をザッキー氏がひとりで弾き語り、ステージ後半に伊藤勇気が登場。最後に「いつか越えて」で終了しました。
この日は伊藤勇気の脱退後、二人の初演奏でした。
しかしザッキー氏のソロに「手をつなごう」で伊藤勇気が入って音を出した瞬間、その音の姿は伊藤勇気在籍時のポメラニアンズでした。
二人が同じバンドで年月を共にしたミュージシャンだということを、音で証明していました。
二人の笑顔も印象的で、音楽の素晴らしさを肌で感じさせてくれるようなステージでした。
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-31 21:29 | Trocadero House

クリスマスはTINAライブ。

ここずっと大忙しだったので更新がずいぶんと遅れていますが、

1つずつ振り返っていきます。

25日はクリスマス、横浜KAMOMEというジャズバーでTINAさんのライブでした。

僕はドラマーとして参加。

とても素晴らしいものになりました。

何よりお客さんが喜んでくれて最高だったのだけど、

個人的な反省点の見えた悔しいライブでもありました。

リハ4時間で18曲を演奏するという、凄まじいスケジュールではあったものの、

だからこそ読譜力や楽曲に対する理解というものがこういった場面だとモノを言う。

一発一発これから勝負していくのであれば、

悔いの残らないようにやっていくしかないのだと改めて思い知らされました。

個人的には悔いの残る演奏になったとはいえ、

終演後、数人のお客さんから感想をいただき「あっ、僕らのフィーリングは伝わっていたんだな」

と感じられたのはまた嬉しいことでした。


///////////////////////////////////////////////////////


今まで生活の中心であったバンドを辞めて、これからどうしようという時に

一緒にやろう!

と誘ってくれたTINAのバンマスでもあるベースのジュンさんには感謝でした。

本当に嬉しかったもんな。

今年の終わりは、ジュンさん、下の記事に書いた章司さんやモンタナ、トライトーンセッションズ、シンジくん、ricaちゃん、yonnyちゃん然り、そういったみんなのパッションに支えてもらい素敵な生活を送ることができました。

TINAのライブでまた1つ先が見えて、来年の自分の期待する伸びしろが大幅に増えたような気がするのもまた、ありがたいことです。



そんなジュンさんと今夜はrica tomorlのライブで再び共演します。

お暇がある方は是非遊びに来てね!

詳細は下記にのっけときます。

乱文にて失礼しました~っ

2007/12/29(sat.)渋谷・7th FLOOR

Blue Finger Records presents Winter Case
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV 2,000yen / DAY 2,500yen(1DRINK別)
LIVE;rica tomorl、平岡恵子、iMAGINATIONS、Yonny、8bit
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-29 13:56 | Artist

サンタクロースはやってきた

クリスマス・イヴに遊びに来てくれたボンちゃん、ありがとう(笑)。

来年から一緒にやるバンドのことを話したり、とにかく楽しいひとときを過ごしました。


家に戻り、さてさて明日のTINAの復習を・・・と始めた頃に

一件の電話が。


藤井章司さんからだった。

「勇気、今デート中?終電逃しちゃったんだけど、勇気の家いってもいいかな」

デート中?とか断りを入れる章司さんのいつもの気配りが心地いい、素敵な方だ。

章司さんは一風堂やSMOKY MEDICINEのドラマーであり、まさに日本のバンドブームが到来した当時の走りの人だ。

今年は素敵なサンタクロースが我が家へ来訪。

僕に翌日のTINAライブのアドバイスとエールを送り届けてくれました。

今度1/13(SUN)にトロカデロハウスで彼のジャズバンドのライブをセッティングするかもしれません。

興味のある方は今後の詳細をチェックしておいてください☆
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-29 13:01 | Diary

クリスマス・イヴ

きっと君はこ~な~い・・・

山下達郎氏、いい曲作りますよねえ。

みなさまいかがお過ごしですか、今年のクリスマス・イヴ。


クリスマス・イヴになんの予定も入っていないってのは

あえて空けたつもりだったんだけど

でもなんか寂しいような・・・

あえて空けたことさえ、言い訳のような気さえしてきたり

軽い事故なのではないかと思わされる。

25日からTINAライブやrica tomorlライブ、ロカデロ年末感謝祭などのことを考えると

この時点で最終確認が必要だし、ちょうどよかったと思うんですけどね。

・・・

d0103678_4435215.jpg


そんなことをパーカッションのボンちゃん(写真上)に話したら

境遇がほぼ一致して

クリスマスイヴに都合のあうタイミングで一緒に飲もうという話になりました。

男2人で。

それでよかったのだろうか。


///////////////////////////////////////////


話は変わり昨夜は

阿佐ヶ谷のjambjambにて

無重力兄弟のシンジくん(センチメンタルシティーロマンス)のお誘いで

コヤブボード(シンジくん)とフィドル(子安文さん)とカホン(オレ)3人編成でカントリーバンドをやってきました。

シンジくんは本当に考え方がグローバルで、
また僕の全然考えの及んでいないところをしっかり分かった上で活動しているのだなあと、いろいろ一緒に話していて勉強になりました。

・なぜ日本にカントリーが普及していないのか

・なぜブルースは黒人でカントリーが白人だとステレオタイプに解釈されがちなのか

・ジョニー・キャッシュの話

・僕らの世代が音楽業界っていうものに対する姿勢

彼が僕に言ってくれたことと、僕の考えていることが同じことかどうか確認する手段はなくても、

何か通じるものがあって

それがあるからこそお互いを引き合わせてくれてるんだろうから

それって最高なんじゃないかなと思う。

僕をカントリーに誘ってくれたのは、伝えてくれようとしてくれたことがあるからなんじゃないないかなーと、勝手に解釈しています。

シンジ君と話し合えたおかげで、来年僕が何をやるべきか少し見えたような気がします。

ポメラニアンズのワンマンも応援しに行きたかったけれど、いいライブになったみたいだね。
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-23 19:31 | Diary

今年最後のイベント!全てを出し尽くします。

*フライヤーはクリックすると拡大されます。
d0103678_6512098.jpg


今年のトロカデロ・ハウス、締めくくり的ライブです。

ご予約・お問い合わせはこちら。

下北沢トロカデロハウスHP:http://www.trocadero-house.com/
お問い合わせメール:trocadero_house@hotmail.co.jp

僕の主観が入っていて申し訳ないですが、
出演者の簡単なプロフィールをご紹介します。

くりわたはし

TUFF SESSION や TETSUNIQUESで活躍中のギタリスト・くりさん率いる、わたさん(GT)、はしさん(BA)3人によるアコースティック・カントリートリオ。
ホームページなども存在しないため、知る人ぞ知る超ナイスバンドです。
彼らの音を初めて渋谷LUSHで聞いたとき、ほんわかな暖かみのある空気感と「良い」加減のMCと音楽性でハートをわしづかみにされたのは、今でも鮮明に覚えている。
トロカデロで今年は2度、ライブをやっていただきました。


小林徹也

六本木のとあるセッションで知り合ったテツヤこと、小林徹也。
ずいぶんとアマチュア歴の長かった彼ですが、なぜシーンに登場していなかったのかと耳を疑いそうになるほどの、歌声とセンスある楽曲。
彼の音楽に惚れ込み、トロカデロにも幾度と無く出演していただきました。
その度に僕がパーカッションで飛び入り参加するのがお決まりとなっていました。
もちろん今回も参加させていただきますよ。


チャン(佐々木彩子)

渋さ知らズオーケストラのピアニストであったことは有名。
彼女は在籍中にもたくさんの彼女名義の音源をリリースされているようです。
現在はピアノによる弾き語りでソロ活動を行われているようです。
トロカデロにも1度出演していただきました。
その時は我がドラムの師匠・中島肇氏と
声が渋いバイリンガルギタリストのトリオでのライブ。
とても有機的な音楽で、これがライブか!といった感じです。

http://homepage3.nifty.com/~hdk/chan/index.html


rica tomorl

東京エスムジカのボーカリストとして活動されていたricaさんですが、
現在ソロで活動中、10月にトロカデロにも出演していただきました。
彼女の圧倒的な歌唱力もさることながら、
物静かだけど内から溢れ出す音楽性は圧巻です。
今回僕もパーカッションで参加予定です。

http://www.ricatomorl.com/

OJI

2006年にフジロックにも出演したBARBIというレゲエバンドのボーカルOJI氏。
なんと今年一杯でバンドは活動休止されるそうですが、
年末にバンドの最後のライブも控えている中でのご出演です。
OJI氏のソロライブはトロカデロに6月ごろ、肯定アンサンブルズと一緒に出演していただきました。レゲエの気が溢れる弾き語りを聴かせてくれること間違いなしです。

http://barbi.jp/

ジャスコブラザーズ

今年の10月1日に僕が脱退したポメラニアンズのボーカル・ザッキーとのユニット、ジャスコブラザーズ。なんだかまるでポメラニアンズに1日復帰したかのような気持ちになりそうです。
ポメラニアンズはレゲエ・スカなどの南米音楽やファンク・ソウルといった黒い音楽を独自にポップ感溢れるスタイルに昇華した裏打ちバンドです。
僕はここで、たくさんのことを学びました。
この日はザッキーの弾き語りと僕のパーカッションで体も心も踊らせ・躍らせますよ~っ。

http://www.pomeranians.jp/


河内康宏(こうちやすひろ)

トロカデロに出演していただいたギターの弾き語リストのなかでも群を抜いて印象に残る音楽を奏でてくれたのは、間違いなく彼でしょう。
まるで女性のような優しい声と独特の技術に裏打ちされたゆるぎない世界観でもって
いろんな世界に連れて行ってくれます。
トロカデロではワンマンライブを3度もやっていただいていますが
まるで地球や宇宙を行ったり来たり、そんな旅に連れて行ってくれる音楽を
河内康宏氏はたった1人で表現してしまいます。
以前のイベントの宣伝用の映像を紹介します。


http://www.kouchiyasuhiro.com/


小林少年(こばやししょうねん)

バンド・月球(gekkyu)のドラマー神谷潤平氏のご紹介で
彼がサポートしている小林少年というバンドにご出演いただくこととなりました。
10月に渋谷SPUMAでのライブを僕も拝見していますが、
小林少年もまた素晴らしいです。
小林少年のHPなどまだ無いようですが、こちらから僕が見たときのライブの映像が見れるようになっているようです。是非ご確認下さい。
http://www.mocovideo.jp/movie_detail.php?KEY=8RQNXrEba84
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-20 08:12 | Trocadero House

TINAリハーサル

先日リハーサルをしてきました~。

非常にイイ感じです!

TINAさんの歌のパワーは本当に素晴らしかった。

彼女の発するパワーのあまり見入ってしまって譜面を見落としてしまうほどでした。

クリスマス25日、横浜でのライブはかなり面白いことになりそうですよ、お楽しみに!

まだ予約間に合うと思いますよ。

詳しいお問い合わせは下記にて。

d0103678_16222913.jpg


リハーサル後に、ベースの順さんを誘って一緒に飲みに付き合ってもらいました。

順さんは今回僕を誘ってくれた方で、

ポメラニアンズの僕のラストライブに東京エスムジカのヨンエちゃん・ミホちゃんたちと一緒に来ていただいて、ライブ後に

是非一緒にやろう!と言ってくれて。

後日お誘いの連絡をいただいて。

今年の下半期は本当に素晴らしい出会いに恵まれました。

どうでもいいけれど、飲んだ先で金魚鉢のようなサイズのコーラフロートが出てきました。
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-20 07:05

☆クリスマスはTINAライブ☆



R&BシンガーTINAさんのクリスマスライブに、ドラマーとして参加します。

ベースのジュンさん(LOVE CIRCUS, NEW PONTA BOXなど)に是非一緒にやろう!と
誘っていただきました。
今からワクワクだっ!
是非楽しいライブにしたいと思っています。

クリスマスイヴはみなさんしっかり遊んで、クリスマスは横浜KAMOMEでもう一度しっかり遊びませんか☆

というわけで詳細です。

●2007年12月25日(火) "Tina's Xmas" NEW!!

出演 : Tina / 石村順(B.) / すみださとし(Key.) / 伊藤勇気(Ds.)
会場 :横浜KAMOME
開場 : 18:00 開演 20:00 2部構成(入れ替えなし)
チケット : 4.500円

問合せ : KAMOME 045-662-5357
メールでのご予約はこちらから

>>TINAさんの情報などはこちら<<

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして別件追加ライブです。

●2007年12月22日(土)
AT :阿佐ヶ谷jambjamb
OPEN / START : : 20:00
LIVE : 瀬川信二(koyabu board,vo) 子安フミ(fiddle,vo)
CHARGE : 1500
03-3338-2912

トロカデロでは無重力兄弟でおなじみのベーシスト瀬川信二氏ことシンジくん(センチメンタルシティロマンス)と、子安フミさんのカントリー系の音楽ユニットにパーカッションで参加します。
お時間があればぜひ!

>>シンジくんのHPはこちら<<
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-14 16:22 | What's New?(告知など)

トロカデロ年末感謝祭'07 アーティスト追加!

くりわたはし(from TUFFSESSION)

小林徹也

rica tomorl(ex.東京エスムジカ)

・チャン(ex.渋さ知らズオーケストラ)

・ジャスコブラザーズ(from POMERANIANS)

・OJI(from BARBI)

に加え追加アーティストが決定しました!

・小林少年

・河内康宏


どちらも最高に素敵なアーティストですよ。

これは楽しみだ~っ!!


僕の仕事はあとどれだけの人にイベントを知ってもらえるか、というところ。

イベントの内容は間違い無いと自信を持って言える。

是非遊びにきてくださ~い。

d0103678_772597.jpg

[PR]
by youchang_pome | 2007-12-13 04:57 | What's New?(告知など)

月曜日から木曜日

月曜日のOPEN MICも盛況でした。

僕らのお店でのOPEN MICとは、お客さん参加型のジャムセッション大会です。

今年の3月から始め、定着しつつあります。

今週はSOIL & "PIMP" SESSIONSのみどりん氏もご来場!

久しぶりの再会に抱き合ったり、彼の演奏に場内大盛り上がりでした!


火曜日・水曜日は年末の"トロカデロ感謝祭'07"と、TINAのクリスマスライブの仕込みに追われていました。

本日木曜日は、レコーディングの仕事が1件。

しかも叩くのではなく、エンジニアのほう。

最近お店のPAをいじっているせいか、

ここ1年でずいぶんと耳が良くなったような気がします。

ああ、このあたりの周波数帯域を持ち上げると、この人の魅力がグンと引き出せるな、とか

そういうことなんかが感覚で分かるようになってきて

そういう視点で好きなCDなんかを聴くと、ミュージシャンとエンジニアのレコーディング時のやり取りが見えてくるような気さえします。

レコーディングやライブって、機材や才能ももちろん大事だけれど、

何よりミュージシャンとエンジニアの思いやりとかつながりとか深い理解などが現場に存在して

一言に言い換えると「ミュージックマンシップ」ってやつがその現場に存在しているからこそ

いいレコーディングができるものなのだなあと、つくづく感じます。


レコーディング用にいくらか機材を買い足しに渋谷へ。

帰り道にスーパーバタードッグのTOMOHIKOさんに遭遇。

バンド脱退後の僕のことを気にかけてくれて

元気と勇気をいただきました。

これぞミュージックマンシップ!

タイミングが合えばとのことでしたが、いつか一緒にセッションしたいなあ。
[PR]
by youchang_pome | 2007-12-12 23:25 | Diary


検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧