FIVE FLAVORS : SIX FRUITS


伊藤勇気、ドラマー。POMERANIANS脱退後、バンドHYPE SESSIONS開始。下北沢TROCADERO HOUSEのライブプロデュースやドラム教室講師、ドラム・パーカッション等によるアーティストサポートなどを手がけている。
by youchang_pome
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
YUKI NET WORK
勇気にメール
当ブログの意見等はこちら


MY BAND

2008年より"HYPE SESSIONS"開始。
次回ライブ:6/20(FRI)@六本木SUPER DELUX

HYPE SESSIONSメンバーのブログ
the bond
パーカッショニスト・ボンちゃんのブログ

Kenji "zelly" Nagata「残響魂」
ギタリストゼリーさんのブログ

Hiromi"MIX"Takeuchi Official Site
歌・鍵盤のひろみちゃんのブログ

MY WORKS

TROCADERO HOUSE
下北沢のビストロ・フレンチレストラン"トロカデロ・ハウス"。僕はライブ周りのプロデュースを行っています。素敵なアーティストが集まるライブイベントは必見です!自慢のお食事・飲み物も是非☆

TROCADERO HOUSEのブログ
実はこっそり僕が管理しています。トロカデロの最新イベント情報などが参照できます。

Yonny
2007年夏、逗子の海の家で偶然出会いがしら、彼女のライブにカホンで飛び入り参加した。その場で意気投合し運命的な出会いから、パーカッションによるサポートを開始。

rica tomorl
リカ・トゥモール。Yonnyとのツイン・ヴォーカル・グループ、東京エスムジカのヴォーカリストとして、2004年5月にメジャー・デビュー。2007年1月よりソロ活動をスタート。沖縄と東京を拠点に精力的にライブを行っている。天性のファットな声質に恵まれたナチュラル・ボーン・ヴォーカリスト(HPより引用させていただきました)
僕はドラム・パーカッショニストとしてライブ・レコーディングに参加しています。


BASS SYNDICATE
月1ペースでトロカデロハウスにて瀬川信二くんのライブを行っています。編成は瀬川信二(koyabu board, vo)、子安文(fiddle)、伊藤勇気(ds)で、カントリーや珠玉のカバーをお届けしてまーす!うまいワインの肴にどうぞ。

肯定アンサンブルズ

TUFF SESSIONのドラマーYaggy(ここではvo)率いる、アコースティックレゲエバンド。gtにSaw(the brother woods)、baにFunk(TUFF SESSION)、djembeにJun、cajonは僕が担当。
レゲエスタイルの有機的なセッションに乗せて、思うがままにリリックを放つ。それが肯定アンサンブルズスタイル。幼女は笑い、老婆は踊り、男達は爆笑する(実話)ライブを続行中。

nitt
2008年5月よりサポート開始!ポメラニアンズ時代に体得したドラミングが一番生きる場所かもしれません。次回ライブはは7/13(SUN)@TROCADERO HOUSE

POMERANIANS
バンド「ポメラニアンズ」にてメンバーとして2007年まで4年間活動を共にする。その間、通算シングル4枚、アルバム3枚をリリース。またFUJI ROCK'04, RISING SUN ROCK FESTIVAL'05, SUMMERSONIC'06など日本の大型フェス出演や、日本のミュージックシーンで現在活躍している風味堂・チャットモンチーなど、たくさんのアーティストと一緒にツアーを回るなど、活動は多岐に渡った。2007年10月に脱退。現在もバンドは活動中。

斎藤真実
人気TV番組"あいのり"に「おまみ」として出演する前から音楽活動を続けていた彼女。
ずいぶん昔からの付き合いで、2006年よりサポート開始。
アーティスト仲間でもあり、深い親友でもある。

ドラム教室
下北沢にてドラムの個人レッスンを開催中!要望があれば、別日程・別の場所も組めます。詳しくはメール(mailtoyuki@aol.com)
をください。



OPEN MIC!
毎週月曜日は"OPEN MIC"という名のジャムセッション大会をトロカデロでやってます。そのイベントブログがこちら。一緒にセッションしませんか?

MY SITE



2004/10~2006/03の期間やっていたマイブログ


2006/03~2007/02の期間やっていたマイブログ


MY FAVORITE

mixiやってます。
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1291170

<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Hype Up Groove! ありがとうございました!!

おかげさまで

今回もたくさんのお客さんの前で

いま僕らが出しうる最善の形でもって

イベントをくくることができました。

お客さん、てつやとくーぎーさん、メンバー・スタッフのみんなへ

どうもありがとうございました!

一緒にイベントの空気を作れたことを嬉しく思います。


1st Act:小林徹也

文句なしに、過去最高のライブができたんじゃないかなと思う。

なにより、てつやのギターボーカルと僕のドラムに加えて

今回は飛び系キーボーディストcoogeeさんと

我らがベーシストHYPE SESSIONSのサクちゃんを迎えてのライブだったから、


そりゃ最高だよね。


ここ最近ベーシストのサクちゃんとは本当にいい関係が築けていて

ずっとずっと同じ世代で「相棒」でいてくれるベーシストの存在を夢見続けてたんだけど、

とうとう叶っちゃったかなって感じなんです。


そこに、兼ねてからテツヤに存在を聞かされていた強力なキーボーディストcoogeeさんが現れたのだから、こりゃ鬼に金棒ってやつだね。

今回HYPEの僕らはサポート的な立ち位置だったはずなんだけど

いいバンド感が生まれていたね。


2nd Act : HYPE SESSIONS

今回はゲストミュージシャンに恵まれ、

ギリギリまで調整を続けたHYPE SESSIONSでしたが

その甲斐あっていいライブを展開できました。

新曲も披露できたし、

初のサックス・ボーカル参加でした。

初参加お疲れ様でした、どうもありがとう!

個人的にはバンドに馴染み切れなかった感が残ってしまったのは少々残念。

こればっかりはしょうがないね、フラットに合う合わないもあるし。。。

改めてミュージシャンを迎える難しさ、

同時に僕らバンドの中心メンバーの結束力が恐ろしく強いことに気づかされました。

次回は音楽性うんぬんかんぬん以前に、「空気」を自在に操り、お客さんと「空気」を共有できる、

それでこその「バンド」になっておかないと。

キーボードのしのもいい鍵盤弾いてくれました!

この人はゲストって言うより友達なんだよね、心からの。


途中パーカッションのボンちゃんが、チベット問題についてMCをしたりと

ちょっとしたハプニングはあったものの、結果オーライ。

あんた、やっぱ奇跡呼ぶオトコだよ。

なんでかって言ったら、やっぱちゃんと筋通ってるからなんだね。

偶然お客さんでチベットをテーマにイベントを開催する子がいて

今後一緒に絡むことができるかもしれません。

それだけじゃなく、今さらチベット問題がまた取り上げられ始めてますね。

それさえも知っていたかのようなボンちゃんのMC。ほめすぎ?



近々このイベントの動画アップロードも考えてます。

HYPE SESSIONSの駆け出しを応援してくれて

遊びに来てくれたみんな、応援しに来てくれたみんな、手伝ってくれたみんなには

感謝ばかりです。

みんなに背中を後押ししてもらったような気分です。

さーこれからもどんどん前にプッシュしていきますよ!

みなさんよろしく!!
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-30 06:12 | Diary

これはヒドイですね

本当だとしたら、僕ら国民は概ねコケにされている

と思ってもしょうがないですね。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=787996903&owner_id=2071143

TVなどのメディアもあてにできない時代なのかもしれない。
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-30 05:14 | Diary

いよいよ明日!(日付変わって今日)

結成したてですが、奇跡のメンバーに恵まれたこのバンド!

是非遊びに来てください☆

d0103678_7441471.jpg


~Hype Up Groove Vol.1~ presented by HYPE SESSIONS

日付:08/04/27(SUN)

会場:下北沢TROCADERO HOUSE
INFO:03-3467-1991
http://www.trocadero-house.com/

OPEN : 19:00

START : 19:30

CHARGE : CHARGE:2,000円(予約)/2,500円(当日) いずれも ドリンク別(600円)

ACT : 小林徹也、HYPE SESSIONS

≪HYPE SESSIONS≫
アフロビート・ファンク・ソウルミュージックを独自の感覚で昇華したグルーヴミュージック。
2008年に結成したばかりとはいえ、一体感のあるサウンドは必聴!
UKよりTHABANIというアフロビートバンドを招き、初ライブをここTROCADERO HOUSEで2月に行ったばかり。全席立ち見による満員ライブを記録。
コアメンバーは
DRUMS:伊藤勇気(EX.POMERANIANS)
GUITAR:永田"ZELLY"健二(シャープ兄弟/明星/PISTOL VALVE/東京エスムジカなど)
BASS:佐久間尚人(難病BEAT声蔵など)
PERCUSSION:THE BOND(AFROCUBAN PERCUSSION NETWORK)
の4名。
今回はGUEST MUSICIANに
VOCAL:Nanamie(Mackin & the new music stuffなど)
KEYBOARD:篠俊充(TROCADERO OPEN MIC, 金字塔など)
ALTO SAX:松井宏樹(TAIRA JAZZ QUARTETTEなど)
を迎え、新たな7人編成で前回の初ライブに続く、さらなる音楽的飛躍を目指す。

≪小林徹也≫
千葉県でSHI SHI BA!?という夏フェスを主催したり、お祭り大好きの歌とギター。
千葉県を活動拠点とし、東京ではここトロカデロハウスで
定期的に小林徹也のイベントを開催している。
彼のセッション力溢れる音楽とビート感は人を踊らせ、
力強い歌声は人を響かせる。
今回はゲストミュージシャンにHYPE SESSIONSより
佐久間尚人(ba)と伊藤勇気(ds)を迎えての編成。
当日までなにが出てくるか分からないマジックの持ち主の小林徹也ライブは必見です。
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-27 00:26 | Trocadero House

道のりの遠いグルメ街道

d0103678_91126.jpg

1人暮らしを始めて1年がたった。

まだまだ自炊癖はあまりついてないのだけど、

賞味期限に合わせて有りモノで調理できるようになってきた。

期限が今にも切れそうなベーコンと焼きそばがあった。

冷蔵庫を覗くとシメジがある。

キャベツと納豆は残念ながら痛んでた。。


では初挑戦!


ベーコンとシメジのバター炒め焼きそば。
これが意外にもイケたのでレポートしてみます☆


・まずは腹を空かせる。

・フライパンにオリーブオイルを引いて

・シメジとベーコンを投入!

・しばらくするとシメジからナイスな汁が…

・あまりにウマそうだと迂闊にも思ってしまったタイミングで、バターを適せん投入する。

・焼きそば投入。焼きそばは蒸しタイプのものを。煮汁で蒸すのだ!汁が少なかったら水を加えてあげる。

・蒸されてきたら味付けに塩・コショウを。

・完成!パスタ風に粉チーズをかけて召し上がれ。

写真は盛り付けヘタですみません…一刻も早く食べたかったんで。。

これが想像以上にウマかった。

塩焼きそばにバターが入った感じかな。
パスタと違って茹でる時間が要らない分手軽だ。
そしてシメジは万能!
あ、タマネギやニンニクいれたらもっとうまいかも!

お試しあれ!

いつも目分量で料理してるんですけども、

レンジでパンもうまく焼けるし

けっこう俺の料理の勘は間違えてないんじゃないかと思えてくる。

作ってみよう!ってパッションで作るときは

やっぱりイイモノが生まれたりして。

それはバンドや音楽や他のことも同じじゃないかと僕は思うんです。

結構できるじゃん、俺。じゃあもっと頑張ろう!って勘違いスレスレな感じが僕なのかな。そんな温度感で無理なく全力で生きていきたいですね。


今週末日曜日にやるHype Sessionsの初イベントも正直に言うとそんな感じ。

それは打算的なんかではない。マジックを起こすための第一歩なのだ。

今日の最期のリハでしっかりメンバーの足並みを揃えて、納得のいくライブの準備を整えてきます!

皆さん日曜日、トロカデロでお会いしましょう!

詳細はこちら

http://youchang.exblog.jp/7639118/
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-24 09:11 | Diary

チョンマゲ三兄弟

d0103678_2575650.jpg

ブラザーにドレッドのまとめ方を教わりました!


ああ…


頭が軽い

こうき、ありがとう☆
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-22 02:57 | Mobile(携帯からの更

え、おれ!?

UKから日本に遊びに来ていた

セネガル人のウズマンとイギリス人のクレア

d0103678_9473839.jpg


彼らのたった2週間の旅行中に出会い、仲良くなった。

数えると数度ぐらいしか会えなかったんだけど、

オープンマイクにも遊びに来てくれたり、

不思議なくらい親近感が湧いてしまった。



あと2,3週間したら

ロンドンのおうちに子犬が来るんだって。

その犬の名前を「ユウキ」にするらしい。

えっ?俺!?なんで俺なの!?


2人が言うには

「自分達の飼う犬の名前がユウキだったら、僕の名前を忘れないから」

だって。


僕は素直に喜んだ。



その前に他に名前の候補があったらしく

最初犬の名前を「スイマセン」にしようとしてたんだって。

ぶっ飛んだセンスに感服。


で、すいませんの次に候補で上がるのがなぜ俺の名前なの!?


しかし僕の名前の犬がロンドンにいると思うと、感慨深い。

ありがとう、ウズマン、クレア!!



犬に会いにロンドンに行くと約束したので

バンドでUKツアーしなくちゃいけなくなりました。


そんな素敵な2人は今朝10時過ぎの飛行機でロンドンに戻るのだそう。

また日本にも遊びに来てねー!
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-21 10:07 | Diary

EARTH DAY

d0103678_1918954.jpg

久しぶりのアースデイ。

天気はいまいちだったけど、いい空気出てました!


タブラや枇杷、ウッドベースやディジュリドゥなどでジャムライブをしていた華族というバンド、即興ぽかったけど気持ちよかったな。

見てて昔インドに住んでたころに叩いてたタブラのフレーズを思い出した!

ダーテテケテダーテテケテダー…、そうか。子供のころ知らず知らずのうちにタブラで6/8を叩いていたんだー
とか、今さら気付いたりして。

やはりちっちゃい頃の記憶ってすごい。昔記録したノートも紛失してしまったけれど、頭というより心が覚えている。
下は僕が好きだったパターン。

カッテテゲゲテテ
カタカタゲゲテテ
カタゲゲテテカタ
ゲゲテッダ ゲゲテッダ
ゲゲテッ
ダーディンディンダー
ダーディンディンダー
ナーティンティンナー
テテディンディンダー

キリがないのでこのくらいで…

15年経っても心で覚えている。忘れん坊の俺にしてみれば奇跡的だ!
ちっちゃい頃に得た感覚はやっぱり今に残るし、僕の音楽的なルーツは小学生時代のその頃にも確実にあるんだなと感じてしまわずにいられません。

タブラ、また始めてみようかな~
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-19 19:18 | Diary

久しぶりにまとめて更新

つい最近までHype Sessionsの曲作り・レコーディングなどでバタバタしてました。

d0103678_1401695.jpg


自分で曲を作るのは初めてのことで、本当勉強になりました。

僕はドラマーだから、とかって随分甘えてたんだなあってことも・・・。

みんなの知恵を借りてとりあえず完成!

ここがスタートラインだな。


ゴールデンウィークに向けてスケジュールも加速してまーす!

まずは

なんといっても見逃せないのが

27日日曜日の

HYPE SESSIONSの初イベント ~Hype Up Groove~ でしょう


d0103678_1405920.jpg


今までの4人のメンバーに加えて
ゲストミュージシャンとしてボーカルのナナミちゃん、サックスのコウキくん、キーボードに前回もお願いしたシノが入ります。

現在鋭意リハーサル中!

いつも日取りを決めてからの動きなので

体力的には大変ですが、やりがいがあります。

なにより信頼し合えるいいメンバーが揃ったのは財産!

27日までに最高の形に整えて放出します。お楽しみに!!


この日は小林徹也氏が共演してくれるので、間違いないイベントになるでしょう。

最近は弾き語りで出演している彼ですが、

今回はHYPEからサクちゃんと僕が参加。そして奇跡のキーボーディストくーぎーさんが参加。

くーぎーさんは徹也と長い付き合いだそうで、とてつもない音を出してくれます。

なんかね、選ぶトーンとか音色とか独特でかっこいいんです。聴けば分かります。


29日火曜日は、カントリーのライブ。
センチメンタルシティロマンスのベーシスト瀬川信二くんがコヤブボードという多弦ギターを用いて、フィドルの子安ふみさんと僕3人でカントリーソングをトロカデロで披露します。
チャージフリーのチップ制なので、気軽に遊びに来てください。

5月5日こどもの日は、もはや恒例の
「歌のおねーさんと森の仲間達バンド」

僕はキグルミを着てカホン叩いてます。
子供達の笑顔が再び見れると思うと顔がゆるみます。

5月7日はnittという素敵なバンドのドラムを担当します。この日は俳優佐野史郎氏と対バンなのだそう。
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-19 01:36 | Diary

UKからトロカデロに!THABANIライブレポ2

2月の末にUKから来日してくれたTHABANI。

バンドから使用許可をいただいたので、
YOU TUBEよりライブのダイジェスト映像を以下よりご覧下さーい!
それはとても熱狂的な1日でした。

残念ながら、HYPE SESSIONSの映像は残っていません・・・次回に期待!

http://jp.youtube.com/watch?v=84Wv_R4OrLQ
http://jp.youtube.com/watch?v=zW3HcLW4RqY
http://jp.youtube.com/watch?v=osXARKAQczg
http://jp.youtube.com/watch?v=_99lFUgHW4I

この日対バンとして出演した僕らのバンド

HYPE SESSIONSのライブ4/27(SUN)にあります。

詳細はこちら。

http://youchang.exblog.jp/7639118/
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-18 23:27 | Trocadero House

非常に残念だ。

僕は基本的に何事にも肯定的な人間だと思う。

だからこそ、ブログに否定的なこととか、悩み事だとか

うっかり書いてしまったりはしない。

でも今日だけは、この題名で日記を書こうと思う。

d0103678_6414876.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



僕はここ数年、

いわゆる「衝動」というものに突き動かされて生きてきた。

心地よかったり、豊かな気分にさせてくれた体験をしたときは決まって

その前に「衝動」がある。



衝動というものを、僕なりに分かりやすく言い直せば「パッション」ってやつだ。

パッションなんてこのご時世に本気で言ってたらただの馬鹿だと思われるかもしれないが、

僕は馬鹿で結構なのだ。

なぜならそのことについて、僕は納得しているからだ。



パッションで何かを実現させるということは

簡単なことではない。

心の底から自分にとって納得できる「なにか」を見つけた時、

それがパッションだ。

「なにか」に対して、一寸の曇りもなく、ただ前を向くだけでいい。

それこそがパッションだ。

見つかることはあっても

それを見つけようとして見つけかるほど、簡単なものではない。

見つけることができたなら、実現に向けて行動に移すのは意外にも簡単なことだったりする。

僕はそれで自分の思う方向に、その時その時、辿り着いてきたと信じている。

それで実現したものは、なにものにも変えられない喜びがある。


自分の納得のいく方法を試行錯誤しながら、

何よりその考えを共有してくれる・信頼できる仲間がいたからこそ

成り立ってきた。



僕の素敵な仲間達も

同じように各々のパッションに従って

それをお互いにぶつけ合ったときに起こるマジックが楽しみで

毎日互いに顔を突き合わせているのだと思う。

少なくとも僕の周りはそうだ。

僕はこれからも愛すべき仲間達と同じようにそう生きていくだろうし、

肯定し続けるだろう。


僕はそういった感覚を音楽やバンドに教わり

今は音楽以外のことでもそういった関わり方で生きられていられることを誇りに思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


家族や会社、学校、サークル、部活、昔のクラスメートの集まり、取引先のお客さんなどなど…

それらを全部ひっくるめて今風に言うと「コミュニティ」ってやつが社会に生きている以上誰にでもあるように、

僕にも同じくたくさんのコミュニティ、さらに言い直すと「仲間の繋がり」ってやつがある。


僕が関わっているコミュニティのなかに

「パッション」でもって、お互いを高め合おうとしている仲間が集まるコミュニティがいくつかある。

例えばバンド。例えば仕事。例えば趣味を分かち合う集まり。

前置きが少々長くなったが、今日書きたかったのは

そんな高め合おうとしている、あるコミュニティでの話しだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2年間、あるコミュニティで挑戦し続けた仲間がいた。

彼は急にそのコミュニティから離れることになった。

彼のパッションが内部の意識のズレによって、ないがしろにされたからだ。

こんな表現をすると一方的で、意識のズレに対して彼がきちんと対応しなかったとも言えるかもしれないが

他にやりようがあったんじゃないかと思える出来事があった。

フラットに言い換えれば、コミュニティ内の信頼関係が崩れたのだろう。

メンバー間のコミュニケーションが不足していたのだろう。

詳しいことは僕も後から知った。

パッションが彼にあることだけは僕にもハッキリ理解できて、

コミュニティとぶつかり合って意見をすり合わせるだけの余裕が彼には十分にあった。

コミュニティはそのチャンスを放棄した。

信頼関係が破れて、彼の心は破れた。


お互いを分かり合えずに、放棄しあった現場に立ち会った。

事の済んだ後だったから、僕の力になれることは何もなかった。


パッションは信頼関係がないと全く無力で

それを分かって信頼し合っている仲間の集まりだと感じていただけに

とても残念だった。


彼は自分のパッションの通じる場所を探して旅立つ決意をした。

決意した後も、彼はコミュニティの行く末を心配していた。



パッションをないがしろにしたコミュニティは

たとえ頑張っても彼がもたらした魅力を取り戻すことはできないだろう。


愛を捨てたら、同じ愛が二度と帰ってこないのと同じだ。


コミュニティは正しいであろう決断を下したのだろうけど。



何が正しいか、何が正しくないかというのは、問題じゃない。

正しいと定義づけるのが、そもそもの大きな間違いなのだと

好きな人が言っていたのを思い出した。


高めあってなんぼのコミュニティでは、みんなで肯定していきたいよね。

あっち向いている愛すべきメンバーがいたなら、突き放すより先に、振り向かせてあげなきゃ。

それでこそ「高めあうコミュニティ」でしょう?


僕もそのコミュニティの一員で、続けていくからには僕にも責任がある。

今回彼が犠牲になったというのは、捨て置けない話だ。

みんなで彼のことよりもコミュニティの存続を取ったのだから、

きちんと彼が戻ってこれる場所を作ってあげることが

せめてもの僕らの責任だと思った。
[PR]
by youchang_pome | 2008-04-12 06:41 | Diary


検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧